2007

ウクライナUKRAINE

Over the Wall とはConcept

アーティストミヤザキケンスケはこれまで世界中で壁画を残す活動を行ってきた。その中で壁画という現地の人々と交流しながら制作する行程に可能性を感じ、世界中の困難を抱えた地域や子供たちを絵で応援するプロジェクト、「Over The Wall」を設立した。Over The Wallは現地に残る壁画を制作するとともに、日本の子供たちと現地の子供たちの交流やワークショップなど、絵を通して世界を繋げることを目的としている。

ウクライナ壁画プロジェクトMural Project in Ukraine

ウクライナは、東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している東ヨーロッパの国です。
東部に位置するマリウポリ市は、2014年のウクライナ騒乱以降、国内避難民を多く受け入れています。2016年7月に国連難民高等弁務官事務所(以下UNHCR)と連携して、City of Solidarityの宣言を採択し、多様な人々の共生や平和復興に力を注いでいる都市です。
また2017年はウクライナと日本の外交関係樹立25周年にあたり、ウクライナ政府が日本―ウクライナ友好年に指定しており、「ウクライナにおける日本年」事業等、現在様々な日本とウクライナの取り組みを行っています。
そのような中、今回OVER THE WALLは「連帯、平和」をテーマとして、紛争により破壊された壁に希望を取り戻せるような壁画を製作し、国内避難民をはじめとして、虐げられた人々が連帯参加できるような壁画プロジェクトを行う目的でマリウポリ市より誘致されております。
2017年の7月にマリウポリ市を含むウクライナ国内2カ所に壁画を残すとともに、各地でアートワークショップを行うことを予定しております。

プロジェクト内容Background and Agenda

プロジェクトの目的、意義、期待される効果

公共の建物の外壁に現地の人たちと共同で壁画を制作することで、日本とウクライナの友好の象徴となる壁になることに加え、国内避難民に陥っている人々の心を癒す効果も期待できるではないかと考えています。
同時に2都市で日本の子供とのアートによる交流ワークショップを行うことで、子供たちにおける両国の相互理解が期待できます。そして、日本とウクライナを繋ぐ壁画を残すことで、壁画のメンテナンス等を通しても、今後も日本とウクライナにおけるより一層友好関係を深め、それを支えるシンボル的な役割を果たすことも期待できます。

壁画制作

関西ペイント株式会社様より協賛していただくペンキを使って、マリウポリ市のSchool NO.69 の壁画(8x12m)をメインに、首都のキエフにも壁画を残す予定です。参加型の制作スタイルで、国内避難民はもとより、多くの市民と共に平和と共生のメッセージを込めた明るい壁画を描き上げます。

壁画候補地

キエフ市 Art-zavod Platforma

壁画プラン“The Mitten”

作 ミヤザキケンスケ

テーマとして選定したものは、ウクライナの童話「てぶくろ」。
日本でも非常に有名な童話で、寒い雪の日に動物達が手袋を見つけて、手袋の中に入っていく話です。狭い手袋だが動物たちは次々に来る動物たちを快く受け入れ、みんなで一つの温かい手袋をシェアします。
この童話こそ、マリウポリ市が目指すCity of Solidarity、多様な人々の共生や平和復興のテーマに符合していると感じ、テーマに選びました。
手袋の中にはウクライナのいろんな地方の人々を描いており、西ポジーリャ、中央ポジーリャ、西ポリッシャ、東ウクライナ、中央ウクライナ、南ウクライナ、カルパティ、またウクライナ以外にも世界中の人々も描いています。また手袋にはウクライナ発祥のイースターの卵がのっていて、手袋の温かさでひよこが孵っています。人々の温かい心が希望の卵を孵し、未来を切り開いていくメッセージを込めて描きました。

お互いの生活習慣、文化の違いを感じる絵画ワークショップArt Workshop

日本とキエフ、マリウポリをスカイプで繋ぎ、日本の生活習慣・文化について絵画を通してウクライナの方々へ伝えるとともにウクライナからも日本に伝えるアート国際交流ワークショップ。


東ティモールから沖縄の子供たちへのフラッグ


ケニアから荒川(東京都)の子供たちへのフラッグ


スカイプで交流している様子

絵画教室Art Class

株式会社サクラクレパス様より協賛していただく画材を使って、ミヤザキケンスケ指導のもとキエフ、マリウポリの子供たちに絵画教室を行います。自由に表現してもらい、優秀な作品を制作した子を表彰します。完成した作品は日本で展示を予定しています。

壁画披露会Mural opening ceremony

壁画の完成を多くの人達と祝うため、セレモニーを行います。
制作に携わった人たち、市の関係者、市民の皆さんを集めて日本とウクライナの絆の壁画の誕生を共に分かち合う場を創ります。

プロジェクト詳細Details

国内でのスケジュール

4月末
プロジェクトスタート webサイトオープン
5月中旬
原画制作 佐賀県
5月27日
キックオフイベント 中目黒ビオキッチンスタジオ
6月11日
キックオフイベント 佐賀県国際交流センター
7月初旬
ウクライナ渡航
8月初旬
日本帰国
8月下旬
報告書制作
9月初旬
報告会
11月下旬
川口市立アートギャラリー・アトリアにて OVER THE WALL 展示会
これまでのOTW報告およびウクライナの子供たちの絵の展示

  

ウクライナでのスケジュール

7月3日 – 7月6日
キエフ市 / Art-zavod Platforma
ワークショップ・絵画教室・壁画制作
7月7日
オープニングレセプション
7月10日 – 7月30日
マリウポリ市 / School NO.69
ワークショップ・絵画教室・壁画制作・披露会

  

プロジェクト体制

                 

ミヤザキ ケンスケ
OTW 代表 アーティスト
福井 大輔
事務局長
小野 慶輔
カメラマン
向谷地 陽太
翻訳
後閑 宗一郎
webデザイナー
山田 たくや
ワークショップ担当
香月 裕子
whoopデザイナー
伊藤 太一
デザイナー
沖田 萌未
デザイナー
春山 真菜美
サポートアーティスト
Bab Naoaki
 
林 美貴
 
桜田 夕紀子
 
小山 友里
 
佐藤 陸
 

受け入れ先

         

  • マウリポリ市
  • キエフ市
  • マウリポリ市 School NO.69
  • Art-zavod Platforma

後 援

  • UNHCR駐ウクライナ事務局
  • 在ウクライナ日本国大使館
  • 在日ウクライナ大使館
  • マリウポリ市
  • キエフ市
  • 佐賀県
  •  
        

助 成

  • 国際交流基金
  • 一般社団法人東京倶楽部
  •     

協 賛

  • 関西ペイント株式会社
  • 株式会社サクラクレパス
  • 中目黒Bioキッチンスタジオ
  • イイダ靴下株式会社
  • 株式会社サガシキ
  • 株式会社ぷろぺら
  • ベクトカルチャー株式会社
  • 株式会社未来企画
  • KOMABA

協 力

千田悦子氏 / UNHCR現地職員

川口市立アートギャラリー・アトリア / 会場提供

佐賀県国際交流プラザ / 会場提供